あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談: 20代 二回目のセッションで初イキ 1/2

アパレルの好きなお仕事をされている20代の営業職の女性。仕事が楽しくて、元彼との時間が取れなくて、分かれてしまったということ。今のうちに、ポルチオを開発したいということです。いいタイミングですね。
 
濡れやすいので、元彼はすぐに入れてしまって、高速ピストンで、突かれて痛くて、気持ちの良いのは挿入するときだけということでした。一度目の、セッションで分かりましたが、確かに濡れやすいです。ヒーリングの後のタッチングでは、普通のレベルの反応でしたが、下着はぐちょぐちょになっていて!、「わっ、こんなになってる(O_O)」ってご自分で驚いていました。
 
初回は、イケるところまでになりませんでしたが、クンニでクリイキしてもらい、中の感覚も新感覚があったようで、良いセッションになりました。この日は二回目で、自己練も少ししてもらっていました。
 
最初はベッドでイチャイチャ。
二回目なので緊張もなく、感じ始めています。
首筋に下を這わすと「あっ、うっ」と、ちょっと幼い感じの声が出ます。感じるときに出て来る声というのは年齢差がありますね。年齢が上がると「あぁ~ん、うぅ~ん」と余韻を引く感じになります。
 
この女性は乳首は良く感じます。
小さめの乳首ですが、とても敏感です。
サッとかするだけで、ビクビクと身体が反応します。
前回よりもお腹が反応して、ぐぐっと力が入ります。
お腹に来るのは中イキに繋がります。
 
ベッドで座っているところを背面から、抱っこして、乳首をいじります。「あっ、あっ、うn」身体もクネクネします。お腹も揺らしながら、手を下着に伸ばします。二回目なのでもう積極的に脚を開いてきます。「触って欲しいの?」「えっ、はぃ、欲しいですぅ」素直でいいですね! やはりビチョビチョになっています。クリに触れると「っぃ、あ、いっ」ネトネトの愛液をクリにまとわし付かせて、優しく軽く撫でてあげます。「あぁぁ、いぃぃ、だめぇ、やばぃ」この子はうんと感じてくると「やばぃ」が出ます。またクリイキには早いので、ゆっくとペースを緩めてお預けにします。
 
お風呂は割と普通の感じで、楽しく一緒に。
脚も舐めてあげますが、少し感じていました。
 
ベッドへ移動して、全身を舐めてあげます。
脚以外の反応はとても良いです。
「いやぁん、ダメ、あっ、うっ」と可愛い反応が続き、腰もピクピクします。
背中、腰、お尻、あそこの周辺に近づいていきます、「ダメェ~」
「あそこ、舐めて欲しいの?」
 「え~、あきとさん、意地悪ぅっ」
「ちゃんと言いなさい」
 「え~・・・・・・・だって・・・・欲しいです・・・」
「良く聞こえない(笑)」
 「舐めて下さい(恥)」
いい子ですね。
舌がクリにかするだけで、「あン」「気持ちいいいいいいい」「いぃ」
「ダメ」「ヤバイぃい」
クリを左右に揺らしたり、クリの周りを「の」の字を書いたり、ツンツンしてみたり、吸ってみたり、舌を押しつけてみたり。この子は一番感じるのは、下から上に舐めあげる動きです。
「ヤバイ、ダメぇ」
ちょっとクリイキの方向に進んでいるので、テンポを落として、入り口の方を舌でグラインドします。「あっ、うン」
 
【続く・・・】

f:id:akito_ppp:20171125071649j:plain