あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

自己練でディルド・バイブの使い方 その5(実践編 ポルチオ他)

動画に関して: 動画は女性が自己練をする時の視点から撮ってあります。残念ながらネット上でエロ画像扱いされる場合があり、リンクが消えていたらごめんなさい。ご自分でするときはローションを必ず使って下さい。最適なバイブやディルドは非常に個人差があるので、動画のものがベストとは限りません

自己練の概要はここに書いておきましたので、必ずこちらも併せて読んで下さい。ここを読まれてないと上手くいかないと思います。

 

◎バイブを入れて、すぐに動かすのではなくて、入れたら膣が馴染むまで、少しの間待った方が良いかもしれません。そんなときに、クリを少しいじってあげて、興奮度を上げると良いかもしれません。 

 
【・・・続き】
 
この実践編ではバイブを奥に入れていきますので、入れている深さが分かるように、使っているバイブに目印を付けておきました。加えて、今回はディルド・バイブを回転させますので、背中側にテープを貼っていますので、参考にして下さい。

f:id:akito_ppp:20180831174804j:plain 
ポルチオ(ディルド・バイブ上向きで)
 
今までと同じように、ディルド・バイブをゆっくり入れて、奥の止まるところまで入れます。この時に、ディルド・バイブの先端は、上側を向いていますが、ポルチオはその下にあります。

f:id:akito_ppp:20180831175615j:plain
ですから、ポルチオに刺激を加えるのは下方へ振動させます。これは、ディルド・バイブの柄をテコの原理を使って、先端が下方へ押されるように振動を加えます。動画を見て頂くと分かりますが、この場合は親指を使って、クイクイクイと下方へ振動を加えています。


 
振動を加える角度はいろいろと試して下さい。ポルチオは、膣内へ付きだしている量や位置が興奮度で変化していきますので、何となく分からなくなったら、一旦Tスポットまでディルド・バイブを戻して、再度奥まで進めてやり直してみて下さい。
 
ポルチオ(ディルド・バイブ下向き)
 
最初は、さっきと同じように、ディルド・バイブを上向きにして、奥まで進めます。そして、奥まで達したらゆっくりと180度回転させましょう。(ビデオでは白いテープが見えるようになります。)そして、また下方へ振動を加えます。

f:id:akito_ppp:20180831180658j:plain

ただ、ポルチオの出ている量や位置によって、回転させたときに先端がポルチオ下方へずれてしまう場合もあります。もしも、難しかったら上向きのままで使った方が確実かもしれません。

 
●裏のスポット
 
お尻側も人によっては快感を感じ場合がありますから、調べてみましょう。この時は、ディルド・バイブを最初から下向きにして入れて、刺激をしていきます。刺激のしかたは、上向きの時と同様に、前後に出し入れしたり、振動を加えたりです。

f:id:akito_ppp:20180831181013j:plain


 
このブログを読んで頂いた女性からメールを頂きました↓
最初、仰向きの姿勢でお尻側(裏AとC)奥まで思い切って到達できなかった時、ふと横向き(くの字)になってみました。その姿勢だと挿入しやすくて、奥まで入れて刺激することができました。それに慣れてからは仰向きでも出来るようになりました。そしてある時アナル側にバイブ振動の刺激が届くことがあって、アナルにも快感が走ることを知りました。電器ビリビリみたいな・・
参考にされてみて下さい。
 

これで終わりですが、本来は女性が自分でやってみて、他の女性のために解説を書いて頂けると一番良いように思うのです。この記事を参考に、自己練して頂いて、上手く行かなかったり、もっとこうしたら気持ち良かった、など発見があったら是非是非メールで教えて下さい。

 
【終り】