あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

どうやって自己練したらよいの?

感度アップ、中イキのための自己練については、このブログでほとんど書き尽くしてきましたが、たまに「どうやって自己練したらよいのでしょう?」と漠然としたご質問を受けることがあるので、自己練初心者の方にために、要点をまとめておきます。
 
まず、大事なことはすでにブログに全部書いてあります。このリンクを見てください。ここに「中イキ自己練」の記事をまとめてあります。これらの記事を隅から隅まで読んでいただければ、必要なことは全部書いてあります。
 
以下が自己練の要点です(^^♪
 
(1)自分の体の構造を知る
 
まずは、この記事と図を見て自分の体、膣や子宮のことを知識として理解してください知構造を知らないと「どうやったら気持ちよくなるか」がわかりません。セッションをさせていただくほとんどの女性は、自分の膣の構造を体感として理解していません。構造がわからないと、感じやすいポイントが刺激できませんから、感度アップもできませんし、男性とのセックスで、相手を誘導することもできません。とにかく「自分を知る」というのが第一歩です。
 
(2)細めのバイブ・ディルドを用意
 
「なるほどこの辺りが気もよくなりやすいのだ!」とわかったら、指や細めのディルド・バイブで刺激をしてきます。太めのものは刺激するポイントが決まらないので、自己練には不向きです! 先端の形がいびつなものも、刺激するポイントが決まらないので不向きです。それから、クリを同時に刺激するタイプのものもダメです! 道具は大事ですので、適切なもので練習しないとうまくいきません!(指は奥が刺激できませんので、あくまで暫定的な方法です)

時期によって購入可能なものが違ってきますが、今はこの辺りがお勧めです(アマゾンで購入して下さい、コンビニ受取が出来ます):

f:id:akito_ppp:20180802060733j:plain 左のものはSvacom社製の高品質なバイブで、細目で初心者や、ピンポイントで刺激したい時にお勧めです。右のバイブも使いやすく、慣れてきたらこのサイズもお勧めです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B071756MZ8/

f:id:akito_ppp:20180802060406j:plain
 
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B076DRVKYZ/

f:id:akito_ppp:20180302061222j:plain

 

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000P6K9DW

f:id:akito_ppp:20170714063051j:plain
 
↓太いもの・クリを刺激するもの・先端が不定形のものは自己練には不向きです

f:id:akito_ppp:20180709080942j:plainf:id:akito_ppp:20180709081259j:plain

 
(注)ディルド・バイブでローションを使わないかたがいらっしゃいますが、必ずローション使って下さい。男性のものと比べたらどうしても硬いモノですから、場合によって中を傷つけてしまいます。ローションもアマゾンで買えます。「ぺぺローション」とか定番です。
 

(3)妄想が大事
 
膣やポルチオは、クリトリスや乳首と違って(またオチンチンと違って)、ただ物理的な刺激を加えれば感じるのとは違います。脳と膣・子宮の連結がとっても大事です! ですので、膣・ポルチオの感度を上げて、中イキするためには、妄想して、脳をどんどんいやらしくしてください。ここを読んで下さい。普段の日常で、いやらしい妄想をしてください。それがすごく膣や子宮を育てることになります。 

 
(4)クリイキは我慢する
 
ここにも書きましたが、膣が感じにくかったり、中イキできないのは、膣・子宮と脳の連結が弱いためです。その時に、クリイキしてしまうと永久に中イキできません! クリは興奮度をアップするために最初に刺激してもよいですが、それは中盤までにしておていて、後半は中だけにして、できるだけクリは刺激しないようにしましょう。(オナニーとしてい単に気持ちよくなりたいときはクリイキしてよいですが、自己練の時は我慢しましょう)
 
(5)イコうとしてはダメ!
 
ご自分の体はまだ、中イキの感覚がわかりません。体験したことがないのに、そうしようとすると単に緊張してしまうだけで、かえってうまくいかなくなります。中イキのための自己練なんですが、イコうとしてはいけません! 自分の体に任せあげてください。体はどうやってイクかというのは知っています。気持ちよさが、高まっていけば、それは自然に起こります。ひたすら気持ちよさを追求してください。そうすれば、ある時点で自然にイキます。
 
(6)日常でウズウズする
 
クリイキを我慢して自己練すると、なんかスッキリしないで、あとが残ります。それが良いのです! そのなんかウズウズする感じが残ると、膣や子宮に良い作用を与えます。すっきりしてしまってはダメです。日常でウズウズするようになると、自己練以外の時間も膣と子宮が育ちます♪
 
(7)そのほか
 自己練して、中がある程度気持ちよくなってきたら、「お腹揺らし(ここに解説があります」と「足上げ運動(ここに解説があります)」を加えてください。それによって、格段にイキやすくなります。
 
【ご質問など】
ブログの内容や、やってみてわからない、やってみてうまくいかない、ということがありましたらメールでご遠慮なく聞いてください(^o^) メールの内容は具体的に、そしてイヤラシく書いていただくと、ご自分の膣や子宮に刺激になって、とてもプラスになります。それも妄想の練習です。
 
では、皆さん、自己練、励んでください♡♡♡
皆さんのレポート、ご質問、楽しみにしています(^^)/

f:id:akito_ppp:20180708073459j:plain