あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談:15年来のセフレ その2/2

【・・・続きです】
 
挿入をユックリ深くすると感じてきましたが、
まだそれほどではありません。
側臥位、背面と移行します。
感じる体勢を探していきます。
腰位置の高いバックはあまり感じません。
マクラを二つ腰に入れて、低い位置のバックにします。
これで少し感じ始めました! 声も出てきます。
「あ~、気持ちいいぃぃ」
ポルチオも反応してきて、硬くなり、亀頭の下側に当たり始めます。
(つまり当たっているのはポルチオお尻側です)
お尻に手を置いて、揺らしを加えます。
「あぁんlんn、スゴぃぃ、ぁぁ」
そのまま継続すると
「いいぃっぃい・・・・」
ピクピクとイッてしまいました。
 
今度は、正常位に戻って、ポルチオ上側を刺激します。さっきと違って、ポルチオが分かりやすく、反応もとても良いです。身体の角度や、足の高さななどを調整して、感じる体勢を探します。くっついて沢山キスをしながら、ユックリと亀頭で振動を加えていくと、ピクピクピクとイッてしまいました。この体勢や角度、イイ感じなので、更に続けてズンズンとポルチオを刺激します。「あ~、ダメェ、またイッちゃう、イヤァァァ・・」ピクピク、暫く全身が痙攣します。今度は、お尻だけ揺らします「あ~、もう・・・・あ~、どうしても感じちゃうぅぅ、アッ、あっ・・」揺らしただけでイッてしまいました。足がピクピクしています。腰にマクラを入れているので、お尻を揺らすと、お腹にも自然に揺らされます。目もうつろでグッタリしています。
 
ここで呼吸を整えてもらいます。
マクラを外して、ぐだ~と横寝。
ちょっと疲れたようです。
背中からみるとお尻がとても綺麗。
また舐めてしまいます。
お尻から、アナル、股間へと舌を這わせます。
「あっ、感じちゃう・・・」
入り口に舌を突っ込みます。
クリも舐めてあげます。
今度は無言でピクピクと痙攣します。
 
普通に正常位に戻って、愛情たっぷりのキスをします。
お互いの唇、舌、歯ぐきを舐め合って、顔にも沢山キスします。
ここからは、少し脳イキの領域です。気持ちが高ぶります。
そして、徐々にポルチオめがけて振動を加えていきます。
ユックリ長く丁寧に・・・・。「アッ・・・また・・・イク・・・・」
お腹が、ユックリ、けだるく、痙攣。二人とも思いっきりしがみつきます。
そのまま暫く空白で時間が過ぎます。
 
かなりご満足のようだったので、
キスをしながら添い寝して、身体を触り合います。
お互いに、フッと寝てしまいます(笑)
 
そのあとはホテルを一次外出。
予めのご希望で、お弁当を買って、近くの公園にピクニックです。とても爽やかないい天気で、一年の中でも、この雰囲気が味わえるのは限られていますね。緑の木々が、眩しいです。女性と長く付き合うのは、もちろんセックスだけではダメです。お互いの生活のこと、趣味のこと、色々と徒然に話していきます。
 
帰りにカフェでスイーツを買って、またホテルに戻って、最後の時間を過ごします。彼女と違って恋愛の緊張感がなく、セフレとも違う精神的な親密さがあり、友達とも違うセクシャルな関係で、だから長く続くのでしょう。あとでLINEをもらいました。「最近全くゆったりまったりできていなかったから、楽しくて気持ち良くてw生き返ったアリガトウ!」
 
ホント良いお付き合いをさせて頂いていると思います。
また次回まで(^^)

f:id:akito_ppp:20170508062621j:plain