読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談:15年来のセフレ その1/2

セクシャルなことを始めてから、もう15年ぐらいになりますが、その初期のクライアントさんで、今でもお付き合いのある方がいます。遠方にお住まいなので、会っても年に2回ぐらい。セフレと言うよりも友人に近い感じです。正確にはこれはポルチオ開発のセッションとは違います。
 
今回は半年ぶりぐらいで、ギューして、最初っからディープキス。壁ドンして、むさぼり合う感じ。身体と身体を密着させます。まだ脱がせはしません、丁寧に丁寧にキスをして、服の上から身体を確かめ合います。それが久しぶりの挨拶。
 
少し話をしてから、お風呂近くへ移動し、また壁ドン。壁ドン好きなんです(笑)。この日驚いたのは、どんどん濡れていく量。スカートに手を入れて、ショーツの谷間を、ユックリと行ったり来たり、たまにクリに優しく留まります。すると声がドンドン出てきて、ショーツが徐々に湿ってきます。
 
「ねぇ、すっごい濡れてきたよ・・・」
「えぇぇぇぇぇ~ヤダぁ」
 
今度はショーツに手を入れて、クリを優しくいじります。上下に揺らしたり、左右に揺らしたり、円を描いたり。「あぁぁぁぁ・・・」しばらくするとイッてしまいました。
 
「すごいねぇ!」
「だって、あきとさんが・・・」
 
クリをいじりながら、ビラビラを撫でていきます。どうも、入り口手前のGスポット手前が、膨張していてそこが感じるようです。そこへ優しく振動を加えると「ダメダメダメ、あっぅ」とイッてしまいます。イッたときに中から何か出てるんじゃないかと思うほど、もうビチョビチョです。お風呂のタイミングです。
 
お風呂は割とアッサリと。
でも、バック素股して楽しみました。
 
ベッドで、彼女の背面に座って、背中をユックリ舐めていきます。背中から腰、腰からお尻、まだ反応は普通です。お尻から、ソケイ部、感じてきています。ビラビラに舌を這わすと「ああっぁぁぁ」と声がでてしまいます。クリや入り口も感じていますが、先ほどのGスポット手前がやはりとても感じるようで、そのまま舌を挿入すると「気持ちいぃ・・・ぃぃ」続けているとまたイッてしまいました。
 
挿入はこの日はすごくユックリです。ゆ~っくり浅く入れて、動かさずに、キスを沢山します。この時間は穏やかで心地よいです。一つになった満足感が湧きます。そして、すこ~し動かしたり、挿入を深くしたり、感じる角度や深さを探っていきます。浅めではそれほど感じてないようで、ポルチオも硬くなっていません。
 
【続く・・・】

f:id:akito_ppp:20170506061926j:plain