あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談:5回目

20代後半の女性、開発後半の5回目のセッションです。
彼氏はいないとのこと、一見とっても真面目そうで、
セックスなんて知らない雰囲気、おっぱいも小ぶりですが、実際はとってもエロいです。
 
もうポルチオイキが出来るようになっています。この日、ご都合でどうしても時間が限られていたので、シャワー室だけでしたが、狭い空間でくっつき合うのに、意外に興奮してました。壁に手をついてもらう背面壁ドンの形で、お尻側から片手が股間に入って、もう片手があちこちと刺激していくと、「あっ~、これいやらしい、ぃやぁ・・・・」かなり感じていました。こういうシチュエーション作りは、脳への刺激があって効果的です。お尻を振って「ダメ、欲しくなっちゃうぅぅぅ」若いと正直ですね。
 
ポルチオイキが出来るようになっている場合は、クリイキやG,Tスポットでイクのは必ずしも必要なくオマケなので、この日は時間が限られていたいので手マンも簡単に。そういうセッションもあります。
 
丁寧に、ポルチオ周辺を刺激していきます。
このセッションでは、すでに子宮がかなり降りてきていて、仰向けではポルチオ下側は刺激しにくく、上半分を刺激していきます。この日特に反応がよかったのは、ポルチオの上端~中央にかけてでした。「ぁぁぁぁぁああああ、ダメぇぇぇぇぇ、すごいぃぃぃぃ・・」興奮して少し過呼吸気味になるので、呼吸を見ながらゆっくり進めていきます。寝バックも行って、この時にポルチオ下側(お尻側)を刺激していきます。
 
また正常位になり、反応のよかったポルチオの上端に引っかける形で子宮を揺らしていくと「イク・・・イク・・・イクぅぅぅぅ・・・」と言葉が何回も出始めて、ゆっくりと継続していくと、かなり大きな波で、思いっきりイキました。
 
まだ、連続イキが出来ないので、波が大きいです。
残念ですがこの日はこれで終了。
 
帰る際に腰に力が入らないようで「ダメかもぉぉ・・・」と。電車が少し大変でした。途中まで付き添って、席を確保してあげて、無事に帰宅しました。電車で耳打ちされ「また、あそこがヌレヌレぇぇぇなのぉ・・」時間が短めだと余波が出てしまうことがあります。ご本人はそれも楽しんでいたようですが、やはり開発には5時間ぐらいの余裕があると良いです。

f:id:akito_ppp:20170327082215j:plain