あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談: スレンダー奥様 その2

【・・・続き】 
 
湯船に入って、また優しい愛撫から始めていきます。
お湯の中でも、サワワサ、ツーッと触れていきます。
付け根、ビラビラも優しく、沿わせていきます。
 
「ねぇ、また、ほしいぃ・・・」
 「しょうがないですね(笑)」
「だって、あきとさんが悪い・・・」(そうなんですが(笑))
「おねがいぃ・・・」
 
湯船の中で、抱っこスタイルで挿入。
お湯の中では、浮力のお陰で、抱っこも楽です。
腰の位置を手で制御することで、ペニスをポルチオに当てられます。
「あぅ、ぅぅぅぅ、あぁぁぁ、いぃぃぃ、すごいぃぃぃ」
そのまま、キスをしながら、身体の色々なところを手でなぞっていきます。
動かさないで、ジッとして、感覚を味わいます。
暖かくて、ボーッとして、ぷかぷかして、天国です。
 
穏やかな快感を味わってから、腰を少しだけ動かして
ポルチオを刺激しています。
「あきとさん、それダメ、いけないの、そんなことしたらダメぇぇ」
「あ~ン、気持ちいい、ほんとに気持ちいいのぉぉぉぉ」
片手をお尻に回して、アナルエリアを押していきます。
「それもダメ、イヤ~、はぁ~ぁあ」
アナルは指を入れるのではなく、手のひらで押していく感じです。
「あっっっっぁ~、ヤダ、ヤダ、ダメ、ダメ、ダメぇぇぇ」
「あっ、あっ、あっ、ぃぃぃぃ・・・」
全身が痙攣します。
イッてしまいました。
しばらく痙攣が止まりません。
ジッとしてあげています。
しばらく止まりません。
やっと落ちつきました。
ぐったりになります。
つながったまま抱き合ってジッとしています。
 
呼吸が穏やかになって、愛撫から始めて、またユックリ動いていきます。
もう一度繰り返します。また声がでてしまって、同じようにイッてしまいました。
かなりクタクタです(笑)。
 
お風呂でてから、少し休憩を入れます。
買ってきたスイーツを一緒に食べます。
前半でこんなに盛り上がって、今日はどうなるんだろうと思っていたら
「ちょっと、トイレいきます」と立ってトイレにいってから
「あきとさん、何かごめんなさい、始まっちゃったみたいです・・・」
 「えっ、そうなの(O_O)」
 
っと、この日は残念ながら、ここまでした。
でもベッドでまた沢山イチャイチャしました。
 
ここまで膣やポルチオが感じるようになると、
あとはもう連続イキが出来るようになります。
気持ち良くて、楽しくて、膣が熱くなって、子宮が疼きます。
「次の時まで、我慢するのが大変ですゥ・・・」
「次回は、ベッドでも沢山気持ち良くなりましょうね♪」
「はい♡」

f:id:akito_ppp:20170114101858j:plain