あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

中イキ自己練

膣の感度は変わります!

膣の感度は変わります!身体や膣に正しい刺激を受けて、気持ち良くなると、膣感度はどんどんアップします。一回のセッションでも、初めと終わりでは違ってきますし、もちろんセッションごとに膣感度はアップしていきます。だからこそ、開発ということが可能…

中イキの練習には お腹揺らし

中イキ、ポルチオイキ、で皆さんが意外に思うのは、お腹揺らし がとても効果的だということです。 これまで、僕が色々な女性を見てきた範囲で感じるのは、膣やポルチオの感覚とお腹揺らしが気持ち良く感じるのは、すごく相関があるということです。膣やポル…

愛液を第1に、でも手マンではローションを

セックスでは女性でも男性でも身体がすごく変化します。その中でも、愛液が出る、溢れるというのは、女性の感じているという大事なサインなのでエキサイティングです。 女性にとって濡れるというのは大事なことです。これは男性には全く分からない感覚です。…

膣の色々なスポット

このブログで、膣の各スポットの説明をしても、実際は女性の場合は、自分の中は自分では、なかなか分かりにくいと思います。Gスポットや奥Gスポットは、指で確認出来ますが、中のほうはどこがどうで、どう感じるというのは、ご自分だけでは分かりにくいで…

自己練習のレポート頂きました

自己練習を試していただいている女性(複数)から、初期のレポートを頂きました。GスポットやTスポットではなくて、Aスポットやポルチオ周辺を刺激するよう練習してもらっています。 『ディルド?バイブ?さっそく試してみました。抜いた後にジンジンするよ…

指を使ってポルチオ刺激は難しい

手というか、指を使ってポルチオ開発出来ないか、質問を受けますが、これは根本的に難しいです。と言いますのは、ポルチオの快感は、GスポットやTスポットのように、その膣の部分が感じるとの違って、ポルチオ自体は無感覚だからです。 ポルチオの快感は、…

性体験が少ない場合 その4

【・・・・続き】 ーーーーーーーーー ● 身体のお手入れーーーーーーーーー 身体の手入れは自分の女性を意識する点で大事ですし、とくに男性とセックスをする時に、気になると開放出来ません。男性に「どうされても恥ずかしくない」「メチャメチャにしてほし…

性体験が少ない場合 その3

【・・・・続き】 ーーーーーーー ● 自己練習でーーーーーーー これは男性側でもそうですが、自分の膣の構造を良く理解してお手い下さい。ここをごらんになって頭に入れて置いて下さい。http://akito-ppp.hatenablog.com/entry/2016/12/12/205208 それから、…

性体験が少ない場合 その2

【”前”戯ではなくて、途中も愛撫していく】 クリは触ればすぐに感じます。ですから、オナニーにも便利だし、興奮を高めるのに使いやすいです。しかし、Gスポット、Tスポット、Aスポット、そしてポルチオになると、感度が上がる間に時間がかかります。ポル…

性体験が少ない場合 その1

メールでご相談を受けました。今まで書いたことに繰り返しの部分が多いですが、ブログに少しまとめておこうと思います。 この女性(仮名Eさん)、は20代で、初セックスからまだ5,6回しかしていません。この年代の女性は、彼氏と一緒にいるだけで満足と…

クリイキの使い方

クリトリスの快感はあまり訓練がいらないので、女性の性感や膣感度をアップするのに、有効に使えます。 ただし、膣感度アップのためには、やり方には配慮したほうが良いです。 クリは感度が高いので、急激に快感をアップすることが出来ますが、それだと膣ま…

自己練習で中イキに成功(レポート頂きました)

ブログの中イキ練習を読んで下さって、自己練習に挑戦して、中イキが出来るようになったと、女性からレポートを頂きましたので、少しご紹介させて下さい。遠方の女性なので、開発セッションを受けて頂くのが難しく、自己練習で頑張りました。 練習前は、「セ…

中イキのための要素

中イキのための要素としては、 生理的に膣の感度がアップしていて、疼いて熱くなって気持ち良くなっていること、 気持ち良いポイントに安定して同じリズムで刺激されていること、 それに加えて脳が感じていることが大事です。脳イキは中イキの中で50%位の…

中イキはこだわらないのがコツ

中イキ練習について書きましたが、イクのは大事ですが、こだわらないほうがいいです。そこにあまりこだわってしまうと、他の部分で楽しめなくなり、結果的に上手くイケないと言うことになります。楽しむ、ということが大事ですね。 自分で妄想して楽しむ。そ…

中イキの自己練習 その3/3

【・・・・続きです】 ●クリイキについて詳細 自己練習の場合、中イキオナニーの前段階として、クリイキは必須です。クリトリストは触れば感じる部分ですから、先ずはクリイキオナニーをオススメします。いつも同じように触るのでなく、摩ったり捏ねたり露出…

中イキの自己練習 その2/3

【・・・・続きです】 ●クリを足がかりにする (5)基本的にクリを刺激しながら、中も刺激していきます。最初はクリの快感が強いのですが、回数を重ねるごとに中の快感が強くなってきます。中もなんとなく感じると思われるところを刺激しておきます。ここで…

中イキの自己練習 その1/3

ご質問を頂きました:「一人でするときクリイキは出来るのですが練習すれば中イキも出来るようになるのでしょうか…?」 中イキという視点では、自己練習は上手く行く時と、行かない時がありますが、膣の感度をアップするためには有効ですから、上手く使って…

声を出す!

セックスで細かいテクニックの他に、声を出すというのは、とても良いことです(^_^) とくに女性の場合はセックスで本当に感じるのは、理性が飛んでしまっている時です。普段ご自宅でのセックスだと、声が気になってしまいますが、ホテルでしたら、エレベータ…

Gスポットは感じなくても良い

ネットを見ていると、ポルチオ快感は、経産婦ではないとダメだとか、最初にクリイキやGスポットを開発していないとダメだとか、段階的な事が書いてあるサイトがありますが、これは実際のセッションをしたことがない、頭で考えている人の作文だと思います。 …

膣の中で感じやすいのは

膣の中で感じやすいのは、 入り口上のGスポット ほんの少し進んだ奥Gスポット さらに進んだ上側のTスポットとありますが、二つのGスポットは、補助的にしか使いません。もちろんこれらを刺激して中イキすることも出来ますが、その感覚はクリイキとポルチ…

膣感度は確実にアップしていく

膣の感覚は1,2回のセッションでもアップします。一回目のセッションが終わった女性で「あれ以来、普段でも、膣の奥の辺がなんかうずくんです♡」と変化を実感出来る場合があります。 敏感になってくると、色々な事でうずくようになったり、さらに開発が進む…

ポルチオの説明(重要)

ポルチオをイラストを使って説明します。 ポルチオは、膣内に突き出ている子宮腟部で、ラテン語の「Portio vaginalis uteri」の最初を取っています。皆さんは、膣は、右のイラストのような医学的なものを見てますが、これがそもそもの間違い! これは平常時…