読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

ポルチオ開発体験談:20代、彼氏が淡泊 その2

【・・・・続きです】
 
周辺からユック~リと下を這わせていきます、ソケイ部、大陰唇、会陰、小陰唇。もう声が出てしまいます。そして始めはオマンコ全体に優しくフワッと口を被せます。ユックリと顔全体を動かします。息がどんどん上がってきます。血流も良くなってくる感じです。そして、舌を押しつけます、硬くしないで柔らかいまま全体で押す感じ。「あ~、あ~、ダメ・・・、ひぃ・・」舌をクリに移動してユックリ円運動。「すごい、すごい、気持ちいいですぅ♡」。
 
ユックリと舌をクリに集中してきます。身体が大きくよじれて、声が声にならなくなってきます。「いいいいいいぉぉぉ」イイ感じなので、クリを更に攻めます。右側が感じるようなので、そこを中心に押し当てて、舌の付け根のざらざらで刺激すると「だmだmだだjりおえあえ」絶叫になります。「iiiiiiiくuuuuuuぅぅぅぅ」と足を伸ばして、思い切り力が入り痙攣。イッてしまいました。
 
すこし息が戻ってきたので、手マンをしてみます。「あ~、ダメダメダメ」なんか感じている様子。ただGスポットはあまり感じません。奥Gもまあまあ、でもTスポットまで進むとかなり感じ始めて「すごい、すごいこれ!気持ちいい」本人にとっては新発見のようです。ポルチオ、上と下と試してみましたが、まだそれほど感度がないようです。
 
挿入では、それなりに気持ち良いようです。Tスポットで感じているので、挿入すればかなり気持ち良いはずです。Tスポットからポルチオ上にかけては、声にならなくなってきました。息も上がって、目も視線が漂ってきます。たまに身体がピクピクします。反応の良い体位、方向、スポットを探して、同じテンポで亀頭で刺激していきます。たまに「あっ、いぃぃぃ、うぅぃ、あああああ~」と声が出ます。しばらく続けていると、力が入ってきて、お腹が締まって、ピクピクと軽く痙攣。軽くイッたみたいですね。息が切れているので少し間をとります。
 
ちょっと休もうかと休憩を提案すると
「あの~、オチンチン見てもいいですか?」
  「エッ、何で? 構わないけど・・・」
「実はしっかりと間近で見たことないんです・・・」
  「エッ、そうなの? フェラとかしないの?」
「今の彼はさせてくれないし、以前の彼は暗いとこでよく見えなかった」
  「そうなんだ・・・じゃ、ちょっと明るくしようか」
「わ~、なんかスゴイ(O_O) なんか宇宙から来た生き物みたい!」
  「まあね(^0^;)」
としばらく眺めたり質感を確かめていました
  「フェラ、教えてあげようか」
「いえ、いいです(キッパリ)。」
  「(苦笑)じゃ、お昼食べましょう(^0^;)」
少し勉強になったかな・・・
 
クンニ、手マン、挿入など繰り返していきます。
あそこは唾液と愛液でもうグチョグチョ。膣も熱いです。
手マンでTスポットに優しく振動を加えていきます。
「あlfdんk、気持ちぃぃぃぃ」
「ぃイii、いいぃぃ」
膣は硬くなってグッと広がります。
そのままユックリと一定の刺激を続けると、身体が硬直して痙攣。
続けて挿入します。やはりTスポット辺が感じていますが、ポルチオ上に亀頭を当てて開発していきます。気持ちは良いようですが、まだ開発要素があります。
 
そんなこんなで、時間がもう一杯にになってきました。
最後、また肌を刺激したり、キスを沢山したり、乳首をいじって、クールダウンしていきます。
 
シャワー、着衣して、少し話します:
「何か、すごい新しい世界でした♪」
 「○○ちゃん、いいポテンシャル持ってるよ!」
「嬉しい~・・・・でも彼氏はダメです、こんなじゃないです」
 「彼氏の誘導の仕方も教えてあげられるから」
「お願いします☆」
 
若いと見方がポジティブですね。
年齢が進むとどうしても諦める習慣がついてしまって、こちらで何かを提案しても「でも・・・」という言い訳が最初に来る傾向があります。気の持ちようというのも、身体を変えていくのにはとても大事ですね。

ピンクの可愛い下着でした

f:id:akito_ppp:20170311052237j:plain

ポルチオ開発体験談:20代、彼氏が淡泊 その1

20代の女性の初めてのセッションでした。
まだまだカワイイ感じで、ちょっともっちりしていて、ナデナデしてあげたくなる感じです(笑)。
彼氏はいて、セックスるもするのですが、非常に淡泊で、大して気持ち良くならないとのこと。どうも、前戯がほとんどなく、ちょっと入れて、ちょっと動かして、あっという間に終わりだそうです。
 
 「わ~、それは可哀想だね・・・」
「でも私、セックスってそういうもんだと思っていて、でもネットで調べたら、何かいろいろあって、あきとさんのことを見つけました」
 「そうだったんだね!」
 
初回なのでヒーリングしてリラックスしてもらい、着衣のままタッチングを始めます。感度は悪くないです。背中に軽く触れて、擦っていくとクネクネ動きます。首を撫でると、身をよじらせます。徐々に肌に触れていくと、息が荒くなっていきます。首、胸元、モモをサワワサしながら、ブラだけにします。胸元にキスをされると「うっ・・・ぁ」と声が出始めました。少しずつ乳首に近づきます。「あっ・・・ぅ」ブラをずらして乳首に触れます「あっ、イヤン・・・ダメェ・・」「気持ちいいの?」「はい、とっても・・・ああああ」
イイ感じですね。
 
ショーツだけになって、ローブを着てもらい、壁に押しつけます。腰、お尻、モモを愛撫してきます。モモの内側をあそこへ向かって指を這わすと「ひぃぁ・・・」ショーツのラインに沿って指を這わせます。「あそこは、どうなってるかな?」「エッ、ヤダ」手をショーツに入れて濡れ具合を見てみます。「なんだ、こんなに濡れてるじゃない」「えぇ、そんな・・・」「びちょびちょだよ」我慢できなくなったのか、向こうからキスしてきます。
 
お風呂でいやらしく洗ってあげます。ボディソープを落としてから
 「素股したことある?」
「何ですか、それ?」
 「ちょっと待って」ローションに切り替えます
最初は、立位で後ろからペニスを、股間に挟み入れます。
「あ~、ああああ、はっぅ」「気持ちいいの?」
「あぁぁぁ」返事が出来ません(笑)
 「じゃ、壁に手をついてみて」とお尻を突き出してもらいます。
「これ気持ちいいですぅぅ、ぁ、ぁ、ぅ・・」
気に入ってもらえました♪
バスタブでも、楽しく触りっこです。
 
ベッドへ移動して、優しいキスを長~くしていきます。
普段あまり優しくされていないのでしょうか、
本来は人なつこい感じです。
指や唇で、耳、首筋、背中、腰、お尻、足をサワサワしてきます。
バストも色々な形で舌で刺激をしてきます。
 
 「彼氏は舐めてくれるの?」
「いえ、舐めないし、頼んだこともないです、恥ずかしいし・・・」
 「じゃ、沢山舐めてあげようか?」
「ええええぇ! !?!?」

クンニを始めると、すごい反応です!!

 

【続く・・・・】

f:id:akito_ppp:20170310062305j:plain

二人にとって重要

男性にとっては、女性が感じてくれるかどうかは、気持ちの上で全く違います。触られるだけで、あそこが熱くなって濡れ濡れになったら、男性は歓喜します。舌で優しく甜められて、体がヒクヒク悶えれば、可愛く愛おしくなります。挿入して、膣が熱くなって「気持ちいい!」って言ってもらえれば、男性は自分が、あなたにとってとても大切だと実感するでしょう。
 
最初から絶叫されたら面食らうかもしれませんが(笑)、全然、感じなかったら、かなりガッカリしてしまうでしょう。もちろん、演技という方法はありますが、そうすると今度は女性が我慢したり、セックスが苦痛になってしまいます。 
 
ですから、女性が感じる、たくさんイケるというのは、二人の関係にすごく大事だと思います。身体が開発されていくと、二人の愛情レベルもさらに深いものになっていくと思います。
 
僕はポルチオ開発をしていますが、彼女はしっかりいます。彼女は連続イキも脳イキも中イキもポルチオイキも出来るので、僕が開発する必要はもうないのですが、やはりセックスのたびにとても楽しいです♪  彼女は外見は全然そんな風には見えないのですが(笑)、そういう楽しさは二人だけの秘密そして絆になりますね。

 

 

広告を非表示にする

ポルチオ開発を受けて下さるかたを募集致します

遠方にお住まいの女性で、東京に出る機会のあった時に、セッションを受けて頂きました。これは2回目のセッションです。

「でも、あきとさんに身をゆだねて私があれほど気持ちよくて身体が勝手にビクビクッって反応したりするなんて、本当に想像もできなかったことなんです!
女性として生まれてきた歓びを、やっとこの年齢になって感じることができ感無量なんです。これもすべてあきとさんのおかげです!ありがとうございます(*''▽'')」

ポルチオ開発を受けて下さるかたを募集致します。
 
 イッたことがない、イキにくい
 女性として自信がない
 中が感じにくい
 中イキをしたことがない
 セックスレスで辛い
 パートナーでは感じにくい
 死ぬほど感じてみたい
 絶叫するほど感じてみたい
 どうにかしてほしい
 
あなたは中イキ楽しめていますか?
中(膣)で好きなだけイケるという女性は案外と少ないものです。中イキ出来る女性は20~30%と言われています。ポルチオ開発で正しい刺激を受けて、膣感度がアップすると、ほんとに気持ち良い世界を体験出来て、自由にイクことへつながります。
 
女性は生理、出産、育児など男性よりも肉体的なストレスが少なくないです。でも、本来はその分の見返りがあって、男性よりも遥かに気持ち良くなれて、楽しめて、そして美しくもなれます。でも、それを甘受している女性は2~3割。悔しいと思いませんか?
 
女性としての幸せを思いっきり
感じられるようになってみませんか。
 
どなたでも、正しい刺激を受ければ、本当の気持ちよさが体験出来て、開花していきます。大いにご自分の女性を楽しんで下さい。パートナーとの関係もとてもプラスになります。人生が変わるほどの変化があります。
 
ポルチオの説明は

akito-ppp.hatenablog.com

を参考にして下さい。
その他、いろいろ日記をご覧下さい。
 
開発セッションは無料です。
年齢、容姿は問いません。
場所は東京都内になります。
 
ホテルのディタイムサービスを使って行います。
セッション内容は、ブログの体験談をご覧になって下さい。
ゆっくりとリラックスする事から初めて、
約5時間心地よい世界に浸って頂けます。
 
ご自分の本当の女性を実感してみませんか?
メールでのご相談だけでも承っています。
お問合せ、ご依頼は akito_stone@yahoo.co.jp あきと まで(^^)

f:id:akito_ppp:20170303070113j:plain

気持ち良いけどイケない(; ;)

「気持ち良いけどイケない」というのは、男性が気持ち良いポイントに安定して刺激出来ないのが多いですが、焦って早く動かしたり、強くし過ぎたり、また同じポイントでの時間が短すぎたりという場合もあります。
 
「スッゴク気持ち良いけど、途中でどうなるか分からなくなって怖くなる」というも、実はスピードが速いためにです。身体は生理的にはそのスピードに追いついているけど、脳のほうが追いついてないので、怖くなるのです。その時はリズムをゆっくり、気持ちもゆっくりにします。
 
あとはまだ上手に刺激されていなくて、本当のイクほどの気持ちよさを感じてない。ご本人が「気持ち良い」と言っていても、それは気持ちよさのほんの入り口で、単にそこで留まっているだけかもしれません。

f:id:akito_ppp:20170228192739j:plain

男性のイクとは違う

男性が考えているイクというのは、女性の特に中イキには当てはまりません。男性は性感が山登りをするように一様に上り詰めてその頂上で射精する、そういうイメージをしていると思います。しかし、そのイメージで女性を刺激しても、イッてもらうことは難しいです。男性が書いた解説には、女性のイクは緩やかな山を登るという表現もありますが、それもかなり誤解があります。
 
実際にはもっと!ゆるやかなんです。
 
「山」をイメージしてしまうと、
男性は女性が感じ始めるとすぐに早く動かしたり、
強くし過ぎたり、「イカせよう」という意識が
どうしても働いてしまいます。
 
そうではなくて、女性のイクはもっと平坦なもの。
お花畑を散歩するようなと考えるほうが実践的です。
 
まずは一番気持ち良いポイントを探す。刺激の方向や、強さ、振動の周期などを調整する、そして安定して気持ち良くなったら、それを持続する。それ以降は、淡々と同じリムズで同じ刺激を繰り返します。気持ち的には、山ではなくて、お花畑を散歩する感じです。
 
その散歩を続けていくと、すこし小高い部分がでてきます。
そこまでゆっくり一緒に進んで下さい。
イクが自発的に起こります。
起こすのではないのです、起きる感じです。
時には30分かかります。

セックスには普段の運動も大事

昨日は時間が空いて、ジムへ行って来ました。
明るいウチにジムに行けるのは自営の特権です(笑)
 
運動はいいです。
しばらくサボっていたせいか、少し怠く感じてました。ランナーは疲れててあまり走れないかと思ったら、意外に意外に足が軽く、即ピッチが上がります。
 
こういう時は気持ちいいです。ジムではロックを聴きながします。お気に入りは、Huey Lewis & News といういう、80年代のアメリカンロックで、超~ミーハーです。当時は大流行でしたが、今は誰も聞きません(おそらく)。でも、今の時代に聞いてみると、実にイイもので、やたらと!元気が出ます。今日は、ランナーズハイ+Hueyで、なんだか目がウルウルするぐらいハッピーでした。
 
もちろん、セックスも良い運動になります。
運動もセックスもしていないと、どんどん老化しちゃいます。
運動とセックスは究極のアンチエイジングです(笑)。