あきとのポルチオ開発日記(中イキ,ポルチオイキ,クリイキ,セックスレスなど)

女性が女性らしくハッピーに輝けるポルチオ開発を研究しています。

性体験が少ない場合 その1

メールでご相談を受けました。
今まで書いたことに繰り返しの部分が多いですが、
ブログに少しまとめておこうと思います。
 
この女性(仮名Eさん)、は20代で、初セックスからまだ5,6回しかしていません。
この年代の女性は、彼氏と一緒にいるだけで満足とか、好きって言われるだけで満足で、セックスは彼氏の好きなようにされて、自分では我慢したり、「そういうものだ」と思ってしまうケースも多く、Eさんは最初から中イキ目指して努力されるのはとっても素晴らしいです!
 
Eさんは彼氏にピストンを止めてもらって、押し当てることをしてもらえて、感じ始めている段階です。最初の不快感、違和感からは卒業されていますが、まだ「少し気持ち良い」という程度です。
 
ーーーーーーーーーー 
● 実際のセックスで
ーーーーーーーーーー
 
ポイントは二つです
(1)ピストンを止めてもらうこと
(2)沢山、長く愛撫してもらうこと
 
【ピストン】彼がパコパコ、パンパン突いてくるような場合は、ポルチオイキは望めません。もちろん、それでも回数を重ねれば慣れてきて、膣は感じやすくなりますが、毎回短時間だったり、不快感が続いてしまうとそれも難しいです。彼が若くて早漏気味でパコパコばっかりしていると、いつまでも膣が成長しません。毎回ちょっとの間の不快感を我慢して終わるということになり、そればっかりだと30代、40代になっても中イキを知らずに女性を終わるということになります。そういった女性は実に多いです。
 
ピストンを止めてもらえば、彼も長持ちするようになるし、いろいろな点でプラスになることばかりです。女性が工夫してもパコパコ早漏を止めない彼氏だったら、正直、別の男性を探したほうがよいかもしれません。
 
彼氏が挿入した時にピストン始めようとしたら
「あぁああんっ、待って、そのままが気持ちいいかも、少しジッとしてみてぇぇ」と甘えてみましょう。男性は、女性が感じていると分かると対応してくれると思います。それでもパコパコするヤツは見込みがないです(笑)。
 
そして、ジッとしてくれていたら「それ気持ちいい、○○くんのオチンチン気持ちいいぃぃぃ」と褒めてあげます。男性は褒め殺しがよいです。そして「少しだけ、ユックリ動かして見てぇ」と誘導します。大きくピストンし始めたら「もっと小さい動きがいいかもぉぉ」「あぁぁぁっぁ、それ気持ちいいぃぃ」。
 
大して気持ち良くなくても、希望することをしてくれてたら「きもちぃぃ」「あっ、いいぃぃ」と演技しましょう。その程度の演技は有用です。
 
そして、彼に
 ○身体の角度
 ○ペニスの深さ
 ○体位
などを変えてもらって、どこが気持ち良いか二人で探っていって下さい。そういう共同作業が本当の愛を高めることになります。人生は共同作業です! 少しでも気持ち良かったら「あああああっ」「ぃぃぃいい」と叫んで下さい。声を出すと言うことだけでも、自分の興奮を高めます。(身体の使い方、体位の利用の仕方は、ここには書ききれません。)
 
この作業を地道に続けていくと
お互いに感じるツボが分かっていきます。
感じるツボが分かってきたら、そこをユックリ時間をかけて
刺激してもらいます。それが次の2番目のポイントです。

f:id:akito_ppp:20170626060043j:plain

ポルチオ開発体験談:40代初回 後半

ベッドに移って、また髪の毛、耳、首、背中、腰、足と指でなぞれて、
唇でキスされ、下を這わされていきます。クリはかなり感じるようで、
かすっただけでも「あっ、ひっ」と声が出てしまいます。
手マンで中を探っていくと、奥GとTスポットはそれなりに感じますし、
ポルチオも少し感じています。少し強めにしても尿意は感じません。
これならスムーズに開発出来そうです。
 
挿入すると、全体として気持ち良いようで「いいいいい~」と声が出てしまいます。
ポルチオの上はまだあまり反応がなく、アダムスポットがとても気持ちいいようで
「エッ、何これ! 凄い!」
このかたは感じてくると「すごい!」「スゴイ!」「凄い!」と連発です。
 
色々なあて方を試しましたが、最終的に分かったのは、
アダムスポットで凄くピンポイントで感じる箇所があると言うことです。
つまり亀頭が普通に当たったのでは、まあまあ気持ち良いが、
膣が収縮して、亀頭が硬くなって、ズンと当たり始めると、
凄く気持ち良い箇所が出てきました。そしてそれがさらに膣を収縮させます。
 
バックも試しましたが、それほどまだ気持ち良くない様子。
膣感覚はそれなりに悪くないのですが、ポルチオ快感はまだまだの状況です。
あとは、手マン、身体、キス、クンニ、挿入などを、直感的に繰り返していきます。
 
そしてクリイキしたいと申請があり、手マンを始めましたが、
クリイキ直前で膣に指を入れると、「あっ~、何それ!」「違う!」と
今までない快感があったようで、驚いていました。
クリイキ寸前で、膣の感度もかなりアップしていたようです。
最後、指を入れたままで、足ピンで全身痙攣して、思い切り
クリイキされました。
 
その後、また挿入すると「エッ、違う、いい~、入れただけで気持ちいい~、あ~、凄い」
と、クリイキのあとにさらに感じれるようになりました。
この日はこれでクールダウンしましたが、一回でかなり進歩されたようで、
中イキもそのうちに達成出来そうです。
 
その後メールを頂き

  今日は、ありがとうございました(^-^)
  アタシ…イケるのかなぁ とぃう気持ちと
  スゴく良かった…とぃう 気持ちです。
  やっぱり、あきとさんは何においても全てに関して
  優しかったです(*´▽`*)

  イクんだ!イクんだ!と
  少し気張っちゃうのかもです(>_<)
  次回は快楽に身を任せたいと思います
  次回 会うのがとても楽しみです(*^^*)

とのことです。

f:id:akito_ppp:20170626052745j:plain

ポルチオ開発体験談:40代初回 前半

40代の女性の初セッションです。予めメールで
 「中は…ポイントによっては感じる部分は、ありますが
 基本的には入れられてもスゴくイイ~みたいには
 ならないのです」
と教えて頂いています。
 
最初は少し話を始めますが、やはり少し緊張気味。
あまり深い話しになりそうでなかったので、
ヒーリングをスタート。緊張が解けリラックスしてきました。
 
そのあとタッチング。
指が髪の毛や、耳、首筋に沿わされると、
息が荒くなってきて、感じてしまっているのが分かります。
 
背中を優しく撫でられると、軽く声が出てしまいます。
「背中弱いんですぅ♥」とのこと。
足はあまり感じないようです。
腰や足の付け根も、服の上からですが、なぞられると、
「うっ・・ん」と身もだえしてしまいます。
 
上半身が徐々に脱がされて、ブラ姿は肌が白くてとても綺麗です。
胸を周辺から優しくなぞっていき、乳首まで顕わになります。
ただ、このかたは乳首は凄く感じるわけではないようです。
 
裸の上半身にローブを掛けられて、お風呂前まで移動。
壁ドンで、キスをながら髪の毛を優しく愛撫されます。
「もしかしたらもうビショビショかも」
と恥ずかしそうに自己申告です。まだ触らずに、ズボンを脱がされて、
ショーツの縁を腰、モモ、お尻となぞられていき「あ~~n、ア~~ン」と
声が出てしまいます。
 
「じゃ、見てみましょう」とショーツに手を入れてみると、
案の定、あそこは洪水状態になっています。
「もう洪水ですよ!」
「やだ、恥ずかしい(O_O)」
ショーツも下ろして全裸になります。
 
お風呂はボディーソープのぬるぬるを楽しんでもらい、
ゆっくと湯船に。対面で使って、胸や付け根を刺激していきます。
 
【続く・・・・】

f:id:akito_ppp:20170624054028j:plain

最後は身体のいろいろなところでイケるようになります

中イキ、特にポルチオイキが出来るようになると、ポルチオと連動して、身体の色々なところでイケるようになります。もちろん個人差があるのですが、乳首は一番連動しやすいでしょうか。膣・ポルチオでイッタ後に、乳首を刺激されるだけで膣がキューッと締まって、イッてしまいます。あとは、キス、腰のサワサワ、足のサワサワでも、連動していけるようになります。最後はどこを触られてもイッてしまうようになります。
 
そして、そこから脳イキの入り口ですね。もちろん、もっと早い段階で脳イキは起こることもありますが、身体の色々なところでイケる状態で、言葉の誘導でもイク事が出来るようになっていきます。

f:id:akito_ppp:20170621094224j:plain

ユリってエロいですね、って感じるのは僕なのかも(笑)

ポルチオ開発体験談:30代初回 後半

【・・・続き】

挿入してみます。
気持ちは良さそうですが、まあまあと言った感じです。
ポルチオ上部はあまり反応がありません。これは指で探った感じと同じです。姿勢を変えて、Tスポットに当たるようにすると「あっ、いぃぃ、あぅぅぅ」と感じてくれます。
 
角度を変えたり、バックにしてみたり、いろいろ試してみますが、
今のところ指のほう反応が良いです。
生理中という制限があるのでやむを得ないかもしれません。
 
この辺で休憩。
買っておいたペストリーを一緒に食べます。
美味しい、美味しいと食べてくれるので楽しいです(^^)
 
自分の口臭が気になっていたということなので、食してから歯を磨いて、しっかりキス出来るようになりました。でも、まだエロキスと言うよりも、可愛いキスの感じです。身体もまた愛撫して、乳首も舌でいろいろと刺激していきます。前半よりも声も出てきて、感じているようです。
 
手マンでまたTスポットを中心に気持ち良くしてあげます。今度は、クリも併用して行きます。声も少し出てきました。
 「あぁぁあ、いいっぃぃ」
 「そこ気持ち良い・・・」
この時は、身体もピクピクが加わって、イク寸前にまでなりました。
前半よりも確実に感度が上がってきています。
 
また挿入も試してきますが、入れられている時も手ぶらでオッパイを隠そうとします(笑)
 「仰向けの時は、おっぱい垂れないから、手を離しても大丈夫だよ(笑)」
 「あっ、そうか」
手を離すと、とてもキレイです。

気持ち良くなると、膣がグッと締まってきます。
ペニスがポルチオを刺激すると
 「あっ、当たる、当たってる!」
 「ぃぃいいい」
良い兆候ですね。ただ、この女性の場合は、まだポルチオが柔らかいです。つまり、まだ身体の感じ方が十分ではないです。膣や子宮がもっと興奮して来ると、ポルチオが縮んでコリコリして、ペニスにもツンツン感じられるようになります。そうなってこないと、イクまでになりません。
 
今回は、初回の緊張もあり、生理中でもあり、バストの垂れも気にしていたり、自分の口臭が気になったりと、気になることが沢山ありました。行為中も、まだまだ理性が沢山働いていました。その割には、ご自分の感じるところを発見して、初体験して頂けたので、良かったと思います。何よりも自分のそういった特性を自分で気がつくことが第一歩で、それが出来たことがとても良かったです。今後、こういった「気になること」が撤廃されて、自分の感覚に意識が集中出来るようになれば、どんどん気持ち良くなって、イクことに近づくと思います。

f:id:akito_ppp:20170618060340j:plain

ポルチオ開発体験談:30代初回 前半

メガネ女子でアカネちゃんのような感じです。
成熟した女性のオーラがまだ足りない感じですが、根はキレイだと思います。
ご主人とはレスで、付き合いだした彼氏がいるとのこと。
止めどなく話をしてくれるので、ちょっと緊張しているようです。
 
最初はヒーリングをしてリラックスしてもらいます。
そのあとタッチング。
反応は悪くはないですが、まだ抑制的です。耳や首筋は良く感じるようですが、声が出るほどではありません。胸は形を気にして、手ぶらで隠そうとしますが、乳首は良く感じていて、少しづつ声が出るようになっていますが、まだ「ウッ、あっ」ぐらい。
 
壁に立たせて、愛撫していきます。
キスはしっかりさせてくれません。あとで分かりましたが、自分の口臭を気にしていたとのこと。なかなか、自分へのネガティブなイメージが頭にあるようです。でも、あそこを触るとしっかりと濡れています。
 「わ~、すごい濡れてるじゃないですか!!」
「えぇ~、生理の血かもしれませんよ・・・」
 「いや、これは愛液ですよ!!」
実は、この日は生理の4日目。普通はもちろんこういうタイミングでセッションはやらないのですが、始まった時に連絡があったのですが、ご本人がスケジュールを変更するのがお嫌だったので、そのままセッションを決行しました。この日、いろいろと気になることがあるのです。
 
お風呂にユックリ入ります。
クリや入り口は良く感じているので、ローションをつけて軽く後ろから素股をしてみます。
「あ~、気持ちいい・・・」
「でも、オナニーしているみたいですぅ・・・」
この女性は、自分だけが気持ち良くなることがスゴク気になって、相手にも常に気持ち良くなっていて欲しいということなのです。気になってしまうことがいろいろあります。
 
ベッドへ移動。
手マンで中の感度を探ってみます。
Gスポットはほとんど感じていません。
奥Gになると少し感じます。
Tスポットは良く感じています。特に、圧を加えるのではなく、Tの領域を擦ってあげると(指のカムカム運動)とても感じています。Aスポットやポルチオは、気持ちは良いようですが、まだまだ開発要素があります。
「えぇぇ、こんな感覚初めてぇ~」
「今まだ味わったことない快感です」
「あきとさんはどうして、そんなポイントが分かるのですか?」
されている時も、感想を言ってくれるのはわかりやすくて良いのですが、まだ理性がかなり働いています。

f:id:akito_ppp:20170615063021j:plain

【続く・・・】